記事内に広告が含まれています

天目:和食器の加飾

天目

天目(てんもく)は黒い鉄釉がかかった焼き物。
黒、褐色、べっこう色などを発色する。

鎌倉時代、禅僧が中国の天目山から持ち帰った焼き物がこの様式であったので、黒褐色系の器を天目と呼ぶようになった。


天目

和食器[PR]
和食器の模様
タイトルとURLをコピーしました