記事内に広告が含まれています

南蛮手:和食器

南蛮手

南蛮手(なんばんで)は、東南アジアあたりで焼かれた固く焼き締められた無釉の炻器。あるいはその風合いを写した焼き物。茶、黒、茶褐色が特徴。
今は各地で焼かれ、灰釉や青釉などが施される物もある。


南蛮手

和食器[PR]
和食器の模様
タイトルとURLをコピーしました